701supermotoに乗っていくブログ(仮)

珍しいバイクなのでトラブルや魅力などを人柱的に伝えていこうと思うブログです

亀ライダーのパッキングを提案してみよう

ここ最近の関東圏の雨模様は確実に僕が原因の一端です。

と言うのも転職、職種は変わってないのでこう言っていいのか分からないのですが、同業種で引き抜きされたような感じで。

とりあえず一区切りってことで9月半ばまでプーさんです。

しばらく涼しい夏がおくれそうですね(ニッコリ)

 

・荷物に関して言えば大は小を兼ねない

車ならともかく、バイクの荷物は小さく軽くに越したことはありません。

勿論、ツアラーと呼ばれるバイクは車載を想定してデザインされていますので、フルパニアに収めたり、あるいは東南アジアのスクーターが如くガチ積みする方もいらっしゃるでしょう。

僕の場合はあくまで日帰りの荷物さえ積めればいいと思い、バックパックを買ってみました。

 今まで使っていたのは左・・・

f:id:tomo_70125252:20170816221802j:plain

まあ、広告塔になってるのが恥ずかしいと言う最たる理由もあるわけですが・・・

とりあえずデカイ、余るくらいのスペース、カメラが転がりそう、と思い買ったのが右側。

最小サイズの250AW、内容量5l。

パッドがかなり厚いのと仕切りがあるため、同じサイズのデイバッグと比べてもかなり入るものは限られます。

特に最小サイズは推奨がミラーレス一眼などになっているため、レンズの選択はかなり限られそうです。

 

f:id:tomo_70125252:20170816221708j:plain

荷室は背中側から開けられるカメラ収納とザック上部のスペース、あとはザック外側のタブレットが入るポケット。

カメラ収納部はマジックテープで仕切りを作れます。

一眼レフに標準ズームと工具。3/8のトルクスとボックスのソケットが大半。

上部との仕切りもマジックテープで止まってるので、ぶち抜いて一つの広いスペースができます。

 

f:id:tomo_70125252:20170816221723j:plain

上部スペースの高さと幅は横置きしたマップルと同じくらい。

奥行きが一眼レフの高さと一緒なので詰め込むことは可能だと思います。

タブレットのポケットに1.5lのハイドレーションを詰め込んでみました(秀吉さんの記事でイケルって見たから...)

水分を満載するとおそらく入らない気がするので実質1lになると思います。

幸い、継ぎ足しが簡単なので途中でミネラルウォーター補給すればいいやと。

積載量が限られている分、背中の負担が減ってくれるので快適なツーリングになればと期待しています。

 

個人的に、登山や自転車用のアイテムは機能性と軽さが優れてることが多いと思います。

バイク用は目的によってもかなり異なるので、しっかりと選ぶことが必要です。

例えばドラムバッグをSSのテールに積むのはけっこう怖いですし、ボブルビー背負ってビッグスクーターやアメリカンもなんか違う気がします。

バイク用と狭めるのではなく、選択肢に他のジャンルの機能を加えても面白いのではないかと思うのです。

レビューとかしてみようじゃないか

基本的に雨男なのと、前回で熱中症になったこともあり、ツーリングと言うものにイマイチ乗り気でなくなっていたりします。

ルートを選べば問題ないとは分かっていても二の足を踏んでしまうのは良くないことですね(記事ネタが無くなる意味で)

そんな僕を見かねたのか雨でも平気な趣味のお誘いがあったりもするのは嬉しいことです。

モンハンXXを勧められたり、もうすぐ始まるリネージュ2に誘われたり・・・

時間ができたらやってみたいと思うのはボルダリング

大型バイク乗ってる上に壁登るとかお前どんだけスリル求めてんだよって言われつつホイホイ誘われるのでした。

ネトゲはガチで人生破綻するのでね?休憩中はデレステで十分です。

 

・TCX Comp evo michelin

f:id:tomo_70125252:20170809002318j:plain

TCXのモトクロスブーツになります。

アルパインスターズを基準にするとミドルレンジっぽい値段だと油断させといて立派なハイエンドブーツだった。どうりで硬いわけです。

ブーツを選ぶ際の基準として自分で考えたのが、まずサイズ感、履き心地。

店舗でいろいろなメーカーのブーツを履いてみました。この時点では在庫の有無を問わずサイズを合わせていろんなメーカーのものを試してみる。

知りたいのは「メーカーごとのサイズの違い」です。足長だけでなくてよく言われるのがつま先の感覚。

相対的に(記憶頼りで)言えば、つま先が一番広く高いのはご存知ガエルネ、アルパインスターズは横幅がタイトで、結果的にTCXは中間でした。

他のはサイズなかったんで

次に、結果的に杞憂だったのだけどソール貼り付けのものを探していました。

縫い付けるタイプだと爪先に金属のガードがあります。雨の日に走る場合、地面の状態によっては足を付いた時が心配でした。

これは先の通り杞憂だったと思います。そもそもくるぶしが硬すぎて爪先だけを地面に付けることが不可能なため。

 

モタード選手で割とモトクロスブーツを履いてる写真が多かったのも影響したり、エンデューロブーツはデメリットが目立つかなと考えた結果がモトクロスブーツでした。

ブロックソールがステップに噛み込んだ時の違和感があったと言う記述があったのと、そもそもブロックソールじゃないと不安な場所ってモタードじゃ無理だろ・・・と言う疑問(笑)

 

で、これからオフロードブーツを買おうかと情報を集めている(あるいはバイク買ってそれから・・・と考えてる一部の方w)に向ける個人的な考え。

オフロードブーツは大体は歩くのが苦手です。つまり出先で多少なりバイクを降りる場合があるツーリングではデメリットの方が目立つのではないか、と言いたいのです。

オフロードでは必須だと思いますし、転倒の可能性が少ない舗装路でもプロテクションの有無を問うのは答えが出ない問題だと思います。

それを踏まえて、それぞれの方が用途を考えた時に高い買い物をするべきかどうか、ひとつ悩んでみてもいいのではと思い投げかけてみます。

 

それでも、不要と思う方でもいつかは買った方がいい、オフモタに乗るなら。と言うのが僕自身の考えです。

降りた時のロボコップ歩き(笑)や重さなどのデメリットと、プロテクションを考えた時に僕はオンロードのレーシングブーツを使います(元から持ってたのもありますが)

しかし乗っている時のフィッティングは当たり前だけどオフロードブーツでしか得られないものがあるんです。

701は左側にエキパイを回していますし、基本的にニーグリップやヒールプレートを抑えるのが凄くやり難く感じます。

この時にオフロードブーツはふくらはぎの内側がグリップするようになっていて、とても感触が良かったのです。

そうあるように設計されているものを使ってみる意味はある。これがツーリングには必要ないけどオフモタ乗るならいずれはブーツも買うべきと考える理由です。

 

・Dainese OAK Pro

f:id:tomo_70125252:20170808183716j:plain

カタログではMTB用のプロテクター。

ダウンヒルだとモタードで林道走るより速いので、そこでクラッシュテストしたなら大丈夫だろうと判断(笑)

ソフトプロテクターとしてはかなり厚手でショック吸収してくれます。肘はシャツが突っ張るくらい。

肘はベルクロ、膝はBOAクロージャーで締める形です。

おそらく最大の利点は積載する時にスペースをかなり抑えられるところだと思います。

かなり畳めるし潰しても何ら問題がないのがポイント。

直接装着するのが一番フィット感高いですが、肌へのダメージがけっこう深刻です。

肘は登山用やランニング用などの長袖インナーで対応。

もしくはアームウォーマーなどを使う方法が考えられます。

膝はアチェルビスのソックスを使ってみたものの、ソックスの裾口の滑り止めが悪さをしてました。

MTBの時は膝下丈のレーパンをインナーにして上から装着していました。この方法がベストかもしれません。

これなら股にパッドが付いてケツダメージを軽減する追加効果あり。

トイレは犠牲になる。

 

・何故か一部で701が話題になってる気がするので

あくまでも僕個人の考えで、と言う前置きはしておいて。

少しでもオフロードを走る欲求があるならEDRにした方がいいと思いますし、抵抗がないならエンデューロレーサーを選択肢に入れてもいいと思います。

僕にとっては未知の分野なのであまり言えませんが、モタードで林道を走るよりはトレイルタイヤで高速道路を我慢する方が精神衛生上は良いのではと。

まあ、林道を走る方が普通な気がしてくるのがはてブの闇かもしれない(笑)

 

重ねて僕個人の考えであると強調して、701スーパーモトに限ればMT-07、690Dukeなどのストリートファイターやネイキッドでは足りないと感じた時にベストバイになるバイクなんじゃないかと思うのです。

 

インドア系ライダーの暇つぶしを紹介しよう

 雨なのでね・・・。figmaで撮影の練習するくらいしかやることないです。

 


ENDURO vs MTB Downhill || David Knight vs Gee Atherton BEST RACE !! 2015

 

参考になるかもしれないし、ならないかもしれない動画。

なお、ダウンヒルバイクは舗装路だとママチャリより遅いクソザコです。

 

 

MERU/メルー (字幕版)
 

 とある山岳写真家の方がブログで紹介されていた映画。

成る程、と考えさせられたので便乗することになるけど紹介します。

なんのために登るのか、なんのために(趣味性の高い)バイクに乗るのか。

ここだけは共通していると断言できるでしょう。

 

f:id:tomo_70125252:20170730171540j:plain

 

親がこんなもの持ってたなんて知らなかったよ・・・

うますぎて参考にならないって言いたいけど(笑)

これもうfigmaとか撮ってたら怒られるんじゃないかってレベル。

 

猿ヶ島に散る

f:id:tomo_70125252:20170717234002j:plain

 

とりあえずソロ敢行しました。端的に言うと途中で熱中症になって撤退。

ちなみにこれ、遺影になりました←

 

f:id:tomo_70125252:20170717234230j:plain

 

ちょうど、1枚目のヘッドライトあたりから写したバンクのあるコース

全景写そうと引くとバンクの立体感が出る高さには足りませんね

このコースの右には大きな定常円の跡がある広場。

なお、ちょっと藪っぽい道を入ったら・・・あれ、モトクロスコースでいいんですよね?

移動ルートだと思って道を入ったらそこには発射台が設置されていた。何を言ってるのかわからねーと思うがry道を間違えた。

 

・実際のところモタードは・・・

砂利と浮石の移動ルートが難関です。かなりハンドル取られます。

ロードタイヤだからなのか、アクスルオフセットの要因かは分かりませんが。

初見とは言え1速アイドリングに近いペースでしか進めなかったのでオフ勢との混走は迷惑なレベルでしょう。

ただ、コースは超楽しい。貸し切り状態で回ればモタードでもかなり経験値を積めるはず。

むしろ他の人が通ったラインでなければグリップしないので、自動的にレコードラインをなぞれる補正機能が付いてるぞ!

まあ、さすがにロードタイヤ履いてABS切らないで無事に帰れるはずないんですけどね

引き起こして撮影場所に戻ったら手足痺れ始めてたので撤退。

 

今回は自転車での経験に救われた感じでした。

ダウンヒルに似ていた周回コースの走り方は分かっていたし、熱中症ロードバイクで経験していました。

逆に言えば、まったく経験がなければもっと恐怖心を持ったまま走るんですね・・・。

 

・カメラの設定も勉強してるぞ!忘れるけど

jpg撮って出しでPCは転送とアップロードにしか使ってないのはどうなんだろう・・・

1週間ごとにカメラの新機能が判明するとか言う、いつまでもチュートリアル状態です。

3週間前に露出補正を、2週間前にホワイトバランスの存在を知り、1週間前の道志の後にピクチャーコントロールの存在を知る。

 

そして今日、ホワイトバランスとピクチャーコントロールを設定して、補正の存在を忘れていた。

チンパンかな?

あらみちくんのりべんじ

え?梅雨明けたの?やったー→(高度上げても)27度じゃないですかやだー

絶好のツーリング日和となった日曜日でした(暑い

皆さん走るのに夢中でしたね(ヤエーほとんど来なかった、多分暑くて必死

 

・え?道志ってカジカ獲れるの?

f:id:tomo_70125252:20170709225036j:plain

冬場に鍋にすると美味しいらしい・・・仕入れ値知らないし出してるところも知りません。

それより人通りがあるところで水槽内の生物を撮るとか難易度高すぎないっすかね

今の自分では「大体こんな感じのセットしてー、ピント合わせてカシャッ」は無理です。むりくぼ。

嘘みたいだろ・・・マクロなんだぜ、これ

びふぉあ

f:id:tomo_70125252:20170709225728j:plain

あふたー(違う魚だけどね)

f:id:tomo_70125252:20170709225750j:plain

川魚の塩焼きか豚串は500円で1本、ちょっと贅沢なファストフードだと思えばいいものだと思います。

道志みちの駅の難点はレストランに入らないと炭水化物が存在しないことだと思う。

 

・林道チャレンジしてみた

ああ、林道ってこうやって入るんだーと言うのは覚えたものの、基本的に見送ってます。チキンです。

崩れた舗装+急坂はちょっと・・・。

ヤバいところは歩いて行ってみる。そのためのオンロードブーツ。

何となく感じたことですが、

f:id:tomo_70125252:20170709230845j:plain

やっぱり路面に何かかぶってるようなのが一番ヤバいなと

例えば杉のフカフカであったり、舗装林道だぜ!砂利だけどな!みたいなのとか

一度バンクっぽいところに乗っかってみたら重力に任せて平行移動していったのは笑いました。

逆に踏み固められてる土とかはけっこうグリップするものだなと。

 

f:id:tomo_70125252:20170709230906j:plain

濡れてたら分かりませんが意外とウッズは平気でした。

ただしもっと斜めに密度があったら無事じゃない気がします。

フロントアップしないと引っかかるようなのは(人間の技術的に)NGですね。

 と言うか、これくらいだと頑張ればSSでも逝けそうなのでやっぱり人間鍛えるしかないとも。

 

・遅い昼飯でした

甲府方面に行くひとつの目的があって、それが

f:id:tomo_70125252:20170709232001j:plain

鳥もつ煮でした。B級グルメとやらで話題になってたのを見て興味はあったのです。

ぶっちゃけ、これは美味いです。(レバーが苦手な方はすいません)

甘辛の濃い味の鳥もつ煮に野菜は食感を考えて筍の薄切りとピーマンのあしらえ。

赤出汁もさっぱりめで、自家製のポテトサラダも甘くしつこくない感じでバランス考えられてるなと。

で、脂質がほぼゼロで炭水化物、タンパク質、塩分に加えて内臓系の栄養素をきっちり摂れるのでこの時期のツーリングのメシには大アリと、個人的に推しておきます。

今回出向いたのは甲府駅の目の前なので人数揃えて行くにはきついです。停める場所ないです。

富士吉田の奧藤と言うお店も鳥もつ煮を売っていて、かつ駐車場のある路面店みたいなので人数がいてスポットに組み込むならこちらがよろしいかと思います。

 

・最近のミニバンの人、免許大丈夫?

悪いこと言わないから斜度20%の下りでモタードをアルファードで追いかけるのはやめなさい。絶対に止まれないから。

危うく信号無視、追突、ひき逃げ、人身で互いに人生終了です。

あちらは社会的に、こちらは物理的に。

今の車ってトルクやブレーキの配分は電子制御してくれてるみたいですが、車体剛性、重量、タイヤなどの車両としての性能そのものはあくまでファミリーカーなんだってことを理解できてない方いらっしゃるのでしょうか。

 

個人のブログだからあくまで個人的な価値観で言わせてもらえば、

今乗っている車両で免許試験をクリアできないならそれは無免許運転に等しい。

そして自分の車両は何ができて何ができないのかを知識や技術として経験しておくのは当たり前のこと。

それを知るために走るのだから。

ショートツーリングだった...

前回の記事から3週間ちかく空いていたことに絶句。

まあ梅雨だし日曜日のたびに雨降ってたし(震え)

と言うか、普通に深夜に雨降ってましたからね、今日もダメか...と思ってました。

どんよりと怪しい感じではありましたが短距離で決行。

雨は降らずに無事に帰ってこられました。 

f:id:tomo_70125252:20170704002127j:plain

 

両隣の山々も雲がかかり、須走→御殿場の道はガスってて前が見えないし・・・

重ねて言えば雨が降らなかっただけマシとも言えました。

あとね、レンズ沼にハマる人の気持ちがなんとなく分かりました。

今回持って行ったのはお下がりの18-70で、もう少し広くしたいのに足りないとか、小さい物を取れない場面がありました。

 

とりあえずブログ用の写真を試験的にアップしてみました。

タイトル画像が悪意のあるトリミングされてるので後日取り直し。

トリミングは上下範囲だけなのに勝手に左右切られてるのどうなんでしょうね・・・

 

・燃費の最高記録を更新

246厚木のGSで満タン給油後、宮ヶ瀬→道志→山中湖→須走→246厚木で再度給油したところ、トリップ150kmで5.7lの消費でした。

そろそろランプ点くと思ってたのでGSのメーター見てびっくり。

普段の市街地走行なら170km前後でリザーブ点灯。およそ10l食ってます。

今回の山道は一般的にちょっぴりハイペースなツーリング程度のペースだったと思います。

これ計算上はリザーブ点灯する頃には300km近く走ってることになるんですが・・・

 

・改めて足回りの良さを実感?

今回は微妙な天候を押して出たのが正解で、実に山道は数ヶ月ぶりだったのです。

と言うわけでリハビリツーリング。

普通に怖い。WR250に煽られるくらい怖い。

正直な話、日曜日の道志みちは対向車がセンター割りまくってくるのでスピード出すこと自体が死亡フラグと言える状況ですが、少しくらい慣らさないと9月参加予定のツーリングで醜態を晒すことになりそうです。

あ、林道は少し迷い込みました。フロントアップしなくてもいける道なら思ったより楽しいです←

 

サブタイの話。

701はモタードもエンデューロも(恐らくKTMグループのバイク全般)WPがフレームとサスも含めて足回りをトータルに設計してるらしいのです。

今回改めて感じたのは「標準セッティングから変える必要ないなぁ」と言うこと。

シート裏にあるメーカーセッティングは「標準セッティングから5クリック弱め/強め」だけ。

クリックのないコンプ高速側とプリロード以外は全部これです。

一瞬手抜きかと思って、よく考えるとシムからちゃんと考えてないとこれはできないことなんだなと気付きます。

ダイヤルを1回転するのに必要なクリック数はフロントが多く、リアは1クリックで回る量が大きいのです。

同じ動きをしてくれる設定で速度域に合わせてダンピングを変えるだけで良いならこれほど楽なバイクはないのではないでしょうか。

 

で、個人的な感想。スポーツセッティング(強める方)は直線番長やるなら最適な反面、かなりリアサスの動きが硬くなって山道をちょっと流す程度だと動いてくれない感じがしました。

あくまで個人の感想で言えば、140キロ以上を使わないなら必要ないかなと。

スライドとかできないので、もしかしたらガチで速い方はまた違う感覚かもしれません。

コンフォートセッティング(弱める方)はよく動く代わりに、動き自体が早くなるので疲れやすい感じがしました。

舗装路では今の所使い道が見当たらないのが残念ですが、これから先林道に行くなら使うことになるのかもしれません。

こんな感じで一長一短あって、標準のセッティングは非常に具合がいいのです。

 

今度はもう少し晴れた日に元写真撮ってきたいです。

更に散ぜよ三十円

プロテクションが不十分な状態であまり遠出をしたくなかった、と言いつつ自爆しない範囲のツーリングは多少出ていたりもしています。


とりあえずの装備が揃いましたので、ようやくバイクブログらしいツーリング記事も心がけようと思います。


これから梅雨だけどね


f:id:tomo_70125252:20170614003443j:plain

ところでこれ、モタードの装備じゃない気がする・・・